FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

【ドラマの女王】観ていてストレスを感じる「猟奇的な彼女」

今日の面白ニュースは・・・


こんな感じです。

[KI]コーヒープリンス1号店 (公式ノベル)
明日から始まる仕事や学校のことを考えると、ため息がこぼれてしまう日曜の夜。そんな夜にみんなが観たいのは、いったいどんなドラマだろう。
すでに3回目をむかえたTBSの「猟奇的な彼女」。日曜夜9時に観るには、いささかストレスのたまる内容だ。


韓国のネット小説から生まれた2001年公開の映画を、世界観はそのままにオリジナル設定で展開していくのが今回の日本版「猟奇的な彼女」。
少々抜けてはいるが、純朴で気のいい主人公・眞崎三朗にSMAPの草なぎ剛。史上最強にキュートで凶暴な彼女・高見凛子を田中麗奈が演じている。
ヘリQ!世界最小!?大人気のミニヘリコプターヘリQ


マタニティフォーマル通販サイト
マタニティフォーマル,

産地直送でおいしい生活
産地直送,




しかしこの作品、主演二人に感情移入するのが容易ではない。3話まで観て一番印象に残るのは「松下奈緒演じる浅倉南がかわいそう」だ。

草なぎは、シリアス演技でその実力を発揮する俳優だと思う。正直コメディは向いていないのではないかと思う。間の取りかたや、表情、セリフの言い回しを見ていても演じる上でのひきだしが少ない気がする。

一方、連続ドラマ初出演が話題になった田中麗奈だが、勝気でわがままな性格の凛子を巧みに演じている。ただこの役を演じる上で一番重要なのは、凶暴さとかわいらしさを同時にアピールすることではないだろうか...

ニュースの続きを読む

(引用 livedoorニュース)

『コーヒープリンス1号店』(CD+DVD) OST 日本盤



コーヒープリンス関連ブログ記事


【送料無料選択可!】コーヒープリンス1号店 DVD-BOX I / TVドラマ
【送料無料選択可!】コーヒープリンス1号店 DVD-BOX I / TVドラマ

コチラ↓より、初回盤・特典の詳細、在庫情報・出荷状況をご確認ください。<内容>キュートなユン・ウネが男装で大あばれ! 韓国で最高視聴率30%OVERのドリーミング・ラブコメディー、DVD-BOX第1弾! 幼い頃に父親を失い、一家の大黒柱として家計を支える女の子ウンチャン。なりふり構わず働き、外に出れば男性と間違われることはしょっちゅう。訳あってまとまったお金が必要となったウンチャンは、イケメン男性しか雇わないカフェ”コーヒープリンス1号店”で男性店員として働くことに。一方、ハンギョルは頭がよく気も回るが、他人に対して関心がなく、浮き草のように漂う個人主義者。留学先から帰ってきたところ、大会社を経営する祖母からつぶれそうなカフェ”コーヒープリンス1号店”の社長をするよう命じられる...[続きを読む]

コーヒープリンス1号店 DVD?BOX1
コーヒープリンス1号店 DVD?BOX1

アーティスト:コン・ユ[主演]レーベル:アミューズソフトエンタテインメント(株)販売元:株式会社アミューズソフトエンタテインメント発売日:2008年07月25日予約締切日:2008年06月25日メーカー品番:ASBP-4088ディスク枚数:5枚(DVD5枚)収録時間:-/-/-/-/-【ストーリー】 幼い頃に父親を失い、一家の大黒柱として家計を支える女の子ウンチャン。なりふり構わず働き、外に出れば男性と間違われることはしょっちゅう。訳あってまとまったお金が必要となったウンチャンは、イケメン男性しか雇わないカフェ“コーヒープリンス1号店”で男性店員として働くことに。一方、ハンギョルは頭がよく気も回るが、他人に対して関心がなく、浮き草のように漂う個人主義者...[続きを読む]

Coffee  Prince  Ep.13  Harim~Prince  cut

コーヒープリンス1号店(上)
コーヒープリンス1号店(上)

公式ノベル 著者:イソンミ/尹京蘭出版社:ブックマン社サイズ:単行本ページ数:228p発行年月:2008年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)韓国で視聴率30%超の大人気ドラマ公式ノベル。【著者情報】(「BOOK」データベースより)イソンミ1971年生まれ。1999年「阿蘭若の妖精」でデビュー尹京蘭(ユンキョンラン)1964年生まれ。1985年朝鮮大学教育学部卒業。TV局での韓国・朝鮮語の映像翻訳、通訳、チョナンカンへの韓国語指導などを手がける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本> 小説・エッセイ> 外国の小説


韓国メディアと韓国映画や韓国観光の情報局に戻る
スポンサーサイト

2008年05月10日 韓国ドラマ トラックバック:- コメント:-

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。